メニュー

スポーツドクターの存在意義とは?

医師による「診断」を受けるということ

スポーツを続けるうえで、避けては通れない「けが」の問題。もちろん、けがをしないことが1番ですが、何かしらスポーツにかかわっていれば、残念ながらけがのためトレーニングの中断、あるいは試合の欠場をせざるを得ない状況に遭ったことがない、そういった方を見たことがないというケースの方が稀でしょう。そんなけがに対して問診、レントゲンやMRI等、客観的な検査を通して痛み・違和感の原因を「診断」できるのは医師だけです。風邪をひいた際、軽症であればご自身の判断で市販薬で済ませるかもしれませんが、多くの場合医師の診断を仰ぎ、必要に応じて処方せんを発行してもらうと思います。それと基本的には同じ考え方です。

「スポーツドクター」の存在意義

スポーツによるけがは、骨折等の大けがを除いては基本的に日常生活に影響を及ぼすものではありません(もし日常生活に影響があるレベルであれば、1日も早く整形外科を受診してください!)。例えば、ランナーにありがちなアキレス腱炎も、日常生活を送るにはなんら影響がなかったりします。そして、そういったけがはしばらく安静にしていれば治るものです。そのため、スポーツに明るくない医師のなかには、「3か月安静にしておいてください」等、スポーツを「休む」ことを前提としたアドバイスしかできないケースもあります。当然、医師はスポーツの専門家ではないので、仕方がないことだと思います。

ですが、それで本当にいいのでしょうか。痛みを抱えている患者様のなかには、「1か月後に引退試合が控えている。この大会後は当分運動できなくなってもかまわないので何とかしてほしい」といったケースもあれば、「健康のために運動しているので、しばらく我慢してでもまた運動を再開したい」というケースもあります。同じ症状であっても、同じ治療を行うのが正しいとは限らないのです。だからこそ、スポーツによるけがについては、スポーツに知見のあるドクターに診てもらうのが好ましいのです。

当院のスポーツ整形外科の強み

院長は、現役ランナーでフルマラソンの自己記録は2時間28分54秒。国内トップレベルのランナーしか参加することができない「びわ湖毎日マラソン」にも出場しているほか、国内最高峰の陸上競技大会にも医師として携わっています。また、アメリカンフットボールチームのチームドクターとして試合に帯同し、けがをした選手の治療にあたっています。競技レベルを問わず、多くのスポーツ選手を診断してまいりましたので、安心してご来院ください。

スポーツ整形外科に戻る

体外衝撃波治療とは?

診療案内(診療科一覧)

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME