メニュー

生活習慣病

このページでは、生活習慣病が引き起こす様々な症状やその治療について説明いたします。

生活習慣病

生活習慣病は、健康的とはいえない生活習慣(食生活、運動、飲酒、喫煙など)を原因とし発症する様々な病状をさします。かつては成人病といわれておりましたが、近年の研究で、成人であってもなくても罹患することがわかっております。かつては病気の早期発見による治療に重点が置かれておりましたが、生活習慣を改善することで、そもそも病気の発症を防ぐ「一次予防」という考え方が近年の主流となっております。

生活習慣病が引き起こす疾患

生活習慣の悪化は、糖尿病、肥満症(メタボリック症候群)、脳卒中、心臓病、高脂血症(脂質異常症)、高血圧症、動脈硬化症、痛風(高尿酸血症)など、様々な病気・疾患の原因となります。

生活習慣病の治療

それぞれの症状に応じた投薬治療による症状の軽減はもちろんのこと、生活習慣の改善が何より重要です。そのため、当院では医学的な根拠に基づき、生活習慣改善に向けた指導をいたします。

生活習慣の改善は、容易なことではありません。今までできなかった健康的な生活を継続していくことには根気が必要ですが、当院では、患者様とともに日々の経過を確認しながら、病状の改善に向けて、二人三脚で歩んでまいります。

また、重篤な糖尿病など、高度な医療機関での治療が必要な場合には、適切な医療機関をご紹介し、紹介病院と十分な連携を取りながら、治療を進めてまいります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME